オートマティック車が私に自由をくれた

私が自動車免許を取得したのはもう32年も前です。しかし、ドライバー歴は7年くらいです。長い間ペーパードライバーだった私が、今や「ドライブ」は趣味の一つになったのは何とも不思議な感じがします。

免許は高校卒業時に周りの友達が教習所に通い始めたので「なんとなく」行き始めました。遠方に就職の決まった人などは必死でしたが、私には必死さがなくて、ダラダラとどの試験も2回受けてクリアしている状態でした。

そのような感じだったため、免許取得後、通学のため実家を離れてしまった私はペーパードライバーになりました。月一に実家へ帰って、父親の車に乗っては脱輪したり、側面をへこませたりしていました。「あんまり運転に向いてないのかな~。」と私は自分自身で諦めてしまいました。

そんな私が再度チャレンジすることになったきっかけは車が「オートマ」になったことです。そして何より気持ちを前向きにさせたのは夫との関係でした。借金を繰り返されて夫の言うことは嘘だらけ「一緒の空間に居たくないな。」と切実に思ったのです。

苦手な坂道発進にドキドキし、エンストすれば夫に罵倒されることから「オートマ」は解放してくれました。オートマの車は私に自由をくれたようなそんな気がします。一人でもなんとか乗れるようになりました。

その後、夫とは完全に冷え切り娘を連れて離婚しました。女同士二人、時々レンタカーでドライブに出かけました。なんて清々しい自信を取り戻してくれる時間なのでしょう。オートマは私に自由と自信をくれたのだと思います。

その後、数年して娘が免許を取ったことをきっかけに中古ではありますが、やっと自分の車を買いました。車があると買い物はもちろんほんとに生活が変わります。前々から参加したかったサークルにも通うようになりました。グラウンドが毎週市内で変わるので、走り回っています。

時々試合で遠方にも行きます。友達三人で温泉旅行にも行きました。10年前の私からは想像もできませんでした。今秋もどこか温泉に行こうと計画を練っているところです。

助手席の小学生の娘が良い助手に

我が家ではお休みの日にはよく家族揃っていろいろな所へドライブに行きます。そんなドライブで最近ちょっとした事ですが変わったことがあります。それはずっと隣の助手席に座っていた奥さんが後部座席に座るようになったことです。

と言いますのも、我が家の子ども二人が関係しているのですが、一人は小学生の娘、もう一人は最近やっと歩けるようになった息子です。小学生の娘はチャイルドシートをかなり前に卒業しましたが、息子は当然まだまだチャイルドシートに座らせないと危ない年齢です。

因みにチャイルドシートが装着されているのが後部座席で、運転している私から見えるように左側に装着しています。
そして幼い息子に心底メロメロな奥さん(笑)は、身動きのできない息子のお世話が何かとありますので、自然と後部座席に座るのが当たり前になったというわけです。

ですので今のドライブでは娘が助手席に座っていて私の運転を何かとサポートしてくれています。面白いもので、しばらくの間助手席に座ってた娘は何かと運転に関する知識やマナーを身に付けているようで、本当に助手席というだけあって『助手』として手助けしてくれます。

例えば、我が家の駐車場の出入り口は国道に面していて、交通量の問題でとても出し入れが面倒なのですが、娘は左折で(対向車線へ)車を出す時にお願いしなくても必ず左側から車が来ていないか見てくれていて、「今なら行けるよ!」とサポートしてくれるのです。

しかもです、よそ様の車が道を譲ってくれた際にはいつ覚えたのか知りませんがハザードを3回ほど点滅させ後続車へお礼をしてくれるのです。もはや奥さんが助手席にいた頃より運転が楽です(笑) この事に関してはお出掛け先の駐車場から出庫する際も同様ですので凄く助かっています。ですのでかなり心地いいドライブを楽しめているという訳なのです。

今後も娘には安全な運転のお手伝いをしてもらいながら、家族皆が楽しいドライブをしていきたいと思います。以上です。

夏の暑さが厳しいドライブ

ドライブには色々な意味があるとおもいます。
どこかに出かけるためのドライブもあれば、
何の目的もなくただ走るだけのドライブ、
好きな人と一緒にいたいから遠回りするドライブ
どんな意味を持ってるドライブでも本当に楽しく感じるのが車好き、ドライブ好きである。

僕は小さいころからの夢だったアルファードを購入しドライブライフを楽しんでいる。
通常のオープンカーとは違って屋根が布ではなくメタルトップになっているために
閉めてるときにはオープンカーとはわからないので、
街で開け閉めをすると子供たちは「ロボットだ!」など声をかけてくる、
これもドライブの楽しみの一つになっている

冬でもシートヒーターや計算された車体により
寒さなどまったく感じないでドライブを楽しめる。
夏の夜なんかは花火大会近くまでいって渋滞にはまっていても
屋根を開けてしまえば大きく花火も見ることもできる。
本当に毎日のようにドライブを風を楽しんでいる。
そんなオープンカードライブにもっとも適してない時がある・・
それは雨でも風でもない・・・ そう真夏日・・・

高速走行中は気温が高くて風が気持ちいいが、
信号待ちの時なんかは地獄のはじまり・・
直射日光が脳天を突き刺してくる、いやむしろ破壊しにかかってくる・・

それでもドライブ大好き、オープンカー大好きな僕は
毎日でも屋根を開けてドライブを楽しむ。
周りの目は夏だと「気持ちよさそうだなぁ~」
冬だと「寒いのに無理しちゃって」だが、実際は真逆なのである。

どんな状況であれ、どんな車であれ、
ドライブの楽しみは自分なりのこだわりが大事なのである。

僕のドライブのこだわりは「どんな状況でも雨以外であれば屋根を開けて走る!」
これにつきるのである。
アルファードについてのサイトの参考>>アルファード価格のサイト

アルファードでドライブだったが

東京に住んでいた頃、少しの間だけ付きあった男の子にドライブに誘われた。
私は地方から上京して、まだ二年くらいの頃だったと思う。

池袋の西武線の前の方からアルファードでドライブした。
すぐに飛び乗り、ドライブ!
いつもは西武線の駅から電車に乗るので、横の道路を通るのは新鮮だった。

西武線の駅が人でごった返しているのがよく見えた。
いつもは私はあそこから乗るので少し離れたところから見ると、
同じ駅なのに景色がぜんぜん違っていた。
意外と道路は静かなんだ…

道路から見たら、西武線の駅って、あんなのかー、と客観的に見れる。
新鮮だった。

私はまだ若くて自動車免許を持っていなかったけど、彼はもう持ってて、車まであった。
まぁ、大学生の頃だから免許がないのは仕方ない。
とにかく助手席に座り、その道路を滑るように進んだ。

道路上は働いている人のトラックだとか、
タクシーだとかが意外と多く、働いている人ざんまい。
走っているコースも普通の道路で、全然ロマンチックじゃない。
とにかく、きのみきのまま進んでいる様子で、短い旅は終わった…

ただ線路の横を走っただけに過ぎず、
一つとしておもしろいことはなく、天然の坊ちゃんであった。

おいしい物を食べたわけでもなく、おかしなデートだった。
ただ、頭は偉くいい子だった。
すぐ別れたのは言うまでも、ない…

料金所を券を取らずに通過

わたしは友達とのドライブでとんでもないことをやらかしました。
今でも友達が集まった時などにこんなことあったよねと笑います。
そのときのことをお話します。

まだわたしも友達も免許を取りたての頃に、
はじめて高速道路を使って少し遠い街までドライブすることになりました。
ドキドキしながら高速道路の入口に入りました。(入ったつもりでした。)
しかし、看板を見て驚きました。
なんと県内の違う街に行くつもりでのったが
高速道路ではなくてしまなみ海道だったのです。

これにはふたりで驚きましたが、Uターンもできません。
仕方なくそのまま一番近くの島まで走ることにしたのですが、ここでもやらかしました。
料金所のところで取らなくてはいけない券を取らずに橋に入ってしまったのです。

そしてなんとか一番近くの島の料金所に着いて料金所のおじさんに訳を話したら、
「あー、君たちか!券を取らずに橋に進入した車がいると連絡を受けていたんだよ。」
と大笑いされました。
友達とふたり顔から火が出るほど恥ずかしかったです。
そのあとはせっかく島まで来たんだからと少し観光して帰りました。
帰りは順調に帰れました。
このときのことは友達の間できっとずっと語り継がれると思います。

超セレブなドライブ

昔海外のリゾートへ、仲良しの友人と旅行へ行きました。久しぶりの海外、しかも気を使わない友人とだったのでかなりのハイテンションで過ごしました。

1日だけレンタカーをしてドライブをしようということになり、気合いを入れてオープンカーをレンタルしました。初めての左ハンドルにドキドキしながらも好きな音楽を流しながら海岸線を走り、私たちの気分は最高潮!

「私たち、超セレブっぽくなーい?!」なんて自分たちの今の状況に酔いながら快適ドライブをしていました。とっても景色がいい場所で駐車スペースがあったので、少し停めて景色見ながら写真でも撮ろうということになり車を停めました。

車を降りてビックリ!!後ろのトランクが思いっきり開いてる!!大爆笑でしたよ~あんなに自分たちに酔って「私たちはセレブだ~イケてる~」なんて言って走ってたのに、周りからみたらボンネット開けっぱなしで走ってるただのアホな観光客だったんですから(笑)もう、あれは本当にいい思い出です。まさに若気の至りというやつですよね。ぜんっぜんイケてませんでした。むしろダサすぎました(笑)

きっと調子に乗って車に乗ってるうちに、どこか押してしまってたんでしょうね。一体いつから開いていたのか・・・誰か教えてくれればいいのに!!そんなダサイ経験もしましたが、その旅行は今まで友人と行った旅行の中で一番楽しくて記憶に残っている旅行です。

今は子供がいるのでなかなか友人とはいけませんが、いつかまたあの場所へ、今度は家族とドライブに行けたらいいのになぁと思っています。

今思うと、とても危険な旅

大学生一年生の時に、苦労して免許書を取りました。そして大学二年生の冬に帰省をしたときに、友達二人を連れて、私と三人でドライブに出掛けました。父は、他の人を乗せて、危なっかしいから、ドライブなんか行かなくてもいいと、何度も、すこし怒った様子で言っていました。

それよりも、私は友達とドライブに行くことが楽しみで、父の言うことを適当に聞いて出掛けました。他の友達もいざというときは、運転できるし、何とかなると思ったのです。そして、当日母の車を借りて出掛けました。ドライブするといっても全く、当てがなかったのですが、兎に角、西へ走ってみることにしました。そうして走っている、1時間、そのまま国道を通るか、島へ行くという選択肢が出てきました。私たちは、色々と話して、行った事のない、島、大島に行くことになりました。

島は、海が見えて、とても開放的で、その時の私たち3人にぴったりの場所だったと思います。島に入ってみると、今までとは全く違った様子で、道も狭く、殆どペーパードライバーの私には焦る場所ばかりでした。友達も、大丈夫?変わろうか?と心配してくれたり、大丈夫よ、頑張ってとどきどきしている、私を慰めるように、励ますように言ってくれました。

そんな道も何とか超えていくと、海がよく見渡せる場所に着きました。そしてそこで、休憩をすることにしました。そして休憩をしていると、地元のおじさんに声を掛けられました。話していくうちに、話が進み、ご飯を食べにおいでといわれ、誘われるままに着いて行きました。

ついてみると、とても風情のあるおうちで、火を囲んで魚を焼いてくれたり、地元のお酒を勧められました。そして色んな話をして、とてもいい時間をすごしました。その後、住所を頂いて、その家を後にしました。

その頃は、まだ携帯が普及していなくて、私たちは勿論持っていませんでした。家に戻ったのは、8時を過ぎていました。私は父に、他の人を連れて、車でそんなに遅く帰ってきて、何を考えている?といって叱られました。

今思うと、とても危険な旅だったと思います。良く知らない人の家についていき、食事をご馳走になった事だと思います。でも、何もなく終わり、今でも、大島と聞くとそのときの事を懐かしく思い出します。

長年の夢が叶ったよ

私57歳女子・・・一応女子である。
なんと一念発起、この歳にして何を思ったか昨年免許の取得に目覚め、めでたく40日後には「免許証」なるものを手にしていたのでありますよ。

嬉しかったな~何度辞めたいと思った事か・・・みなさんも経験がおありでしょう。教官のアノやたら偉そうな態度!(優しくていい教官さんもたくさんいらっしゃいます)

アレはナンなんでしょうかね。オバちゃんだと思ってバカにしているのか?トロくさいので腹が立つのか? ソコをグッと我慢して教えるのがあなた方のお仕事でしょうに。ま、いいや。めでたく免許取得。

「この私が、この57歳のオバちゃんの私が!!」感動ものですよ。まさに「自分で自分を褒めてあげたい」かの有名なマラソン選手の名言をお借り。

そして、ついに私は走ったのです。障害を背負った兄を乗せて。(一応、運転歴40年のベテラン姉を見張り役に乗せ(笑))長年兄を乗せて走りたい。そう思ってン十年。やっとやっと叶った。57歳にしてやっと。

アノ美しい瀬戸内の島、周囲45キロという瀬戸内海国立公園の中にある小さな小さな島。キラキラ光る美しい海に囲まれた、島の周囲ぐるりを兄を乗せて颯爽とカッコよく走ったのです。・・・姉のチンマイ軽を借りて(笑)

ワハハ(笑)笑い出したいくらい気持ち良くて、お兄ちゃんも「気持ちええな~」「○○(私の名前)、よく頑張って免許取ったな~」「エライ、エライ」と褒めてくれ、ドライブ途中、有名な塩ソフトを三人で食べ、無事自宅にご帰還と相なったのであります。

「いや~よかったな~」  長年の夢が叶ったよ!「免許バンザイ!」「ドライブ万歳!」

家族揃ってのドライブ

連休や日曜日など、主人が休みの日は、よく家族揃って行き当たりばったりの、気ままなドライブに出かけます。

家族みんな、車に酔うことがないので、運転する主人が良ければ、どこまででも行ける状態です。時々、私も運転を変わりますが、大半は主人が運転しています。

今年の5月の連休も、福岡から大分までドライブしてきました。この時も、行き先決めずのぶらり旅!一番良い気候の時期!天気も良く、暑いくらいの気温の中、外吹く風も心地よく、
窓を開け、お気に入りの音楽を聞きながら主人の気の向くままたどり着いたのが大分県の別府でした。最初は、1時間ほどの近場に行くのだろうと思い後部座席に座っていましたが
だんだんと遠くなり・・。歌いながらの賑やかなドライブ!でも、まさか、別府までたどり着くとは、思いませんでした。

別府は、結婚する前と、上の子がまだ3歳くらいの時に行ったきりで、その時のことを思い出しながら、観光名所の高崎山、うみたまご、地獄めぐりなどを巡ってきました。

時は流れて、子供が成長するとともに、子供も増えて、初めて行った時の別府の楽しみ方とはまた違った楽しみ方で、別府を満喫してきました。

温泉県別府!もちろん大事な温泉は忘れずに、しっかり、ゆっくり湯船に浸かり、日頃の疲れを取りました。家族みんな、温泉が大好きなので、子供たちもとても喜んでいました。

今回は、急な別府行きになったため、日帰りだったので、次回は、ゆっくりと泊まりで出かけ、まだ行ったことのない大分県の場所にも行きたいと思います。

子供も小さいため、車で出かけることが多い私たち。運転する人は、疲れると思いますが、騒いでも歌っても何かを食べたりしても何の気兼ねもしなくてよく、自分たちのペースで
動くことができ、時間に追われることもない車でのドライブ!自然も風も感じられるし、最高だと思います。家族揃ってのドライブも子供が成長するとなかなか難しくなるかもしれません。あと何年、全員で行けるかわからないので、行ける限りは1回1回を良い思い出にできるよう、素敵なドライブにしたいと思います。

妻との遠出のドライブは二人の心の間を走る

最近は仕事が忙しく、ハンドルを握ることがなく車から離れた生活を送っている。
たまに休みが取れるとふと思いつく。

「車でどこか遠くへ・・・」

久しぶりに休みが取れたので、妻に「車でどっか遠くへ行ってみないか」と誘ってみる。
妻は「どうして?急だね。何処へ?いつまで?」
そんな答えが返ってくる。
私はただ街の喧騒から離れたいだけなのだが・・・。

「車でどこか遠くへ・・・」

そんな言い方で誘うのも無計画すぎる感じはあるが、どこかへ行けば、どこかの良いところが観えるもの。

以前はよく山に行きました。
春になれば、桜、新緑
夏になれば標高を上げ避暑地へ
秋になれば紅葉
冬になれば雪景色
季節ごとに移り変わる景色はとても美しいもの。

妻はいつもしかたなく私のドライブに付き合ってくれる。
たいてい、夜中から走り出して朝方に目的の山へ到着する。
遠いところは片道4~5時間。
そんなタフなドライブに付き合ってくれる妻に感謝する。
真夜中のドライブは、アルファードの車内も暗く、運転席と助手席の近距離で、何時間も運転する。
思えば、普段の生活で何時間も、こんな近距離で妻と居ることがないような気がする。
二人での会話は、特に弾むようなものではないが、思い出話や、最近の思っていること、やりたいこと・・・とても平凡な会話。
つまらない訳ではないが心が落ち着く感じがする。

やがて、空がしらみ始めて、目的の山が見えてくる。
街の人造的な構造物から自然の造形の世界へ移動してきた感じ、さすがに一変する景色に心を奪われる。
窓を開ければ、山中の空気を思いっきり吸い込むこともできる。
妻曰く「マイナスイオン、○○パワー・・・」若干、意味不明だが、そんな言葉で元気が出る様な気もする。

久しぶりのドライブ。
身体は疲れているが、久しぶりの山に、助手席の妻に久しぶりに出会えてよかった。