助手席の小学生の娘が良い助手に

我が家ではお休みの日にはよく家族揃っていろいろな所へドライブに行きます。そんなドライブで最近ちょっとした事ですが変わったことがあります。それはずっと隣の助手席に座っていた奥さんが後部座席に座るようになったことです。

と言いますのも、我が家の子ども二人が関係しているのですが、一人は小学生の娘、もう一人は最近やっと歩けるようになった息子です。小学生の娘はチャイルドシートをかなり前に卒業しましたが、息子は当然まだまだチャイルドシートに座らせないと危ない年齢です。

因みにチャイルドシートが装着されているのが後部座席で、運転している私から見えるように左側に装着しています。
そして幼い息子に心底メロメロな奥さん(笑)は、身動きのできない息子のお世話が何かとありますので、自然と後部座席に座るのが当たり前になったというわけです。

ですので今のドライブでは娘が助手席に座っていて私の運転を何かとサポートしてくれています。面白いもので、しばらくの間助手席に座ってた娘は何かと運転に関する知識やマナーを身に付けているようで、本当に助手席というだけあって『助手』として手助けしてくれます。

例えば、我が家の駐車場の出入り口は国道に面していて、交通量の問題でとても出し入れが面倒なのですが、娘は左折で(対向車線へ)車を出す時にお願いしなくても必ず左側から車が来ていないか見てくれていて、「今なら行けるよ!」とサポートしてくれるのです。

しかもです、よそ様の車が道を譲ってくれた際にはいつ覚えたのか知りませんがハザードを3回ほど点滅させ後続車へお礼をしてくれるのです。もはや奥さんが助手席にいた頃より運転が楽です(笑) この事に関してはお出掛け先の駐車場から出庫する際も同様ですので凄く助かっています。ですのでかなり心地いいドライブを楽しめているという訳なのです。

今後も娘には安全な運転のお手伝いをしてもらいながら、家族皆が楽しいドライブをしていきたいと思います。以上です。

Posted in 未分類 | Tagged | 助手席の小学生の娘が良い助手に はコメントを受け付けていません。